京都のダイコンの天日干しを食べる中坊進二


一年中ダイコンを食べているせいか、
ダイコンの旬が分からなくなりますが、
れっきとした冬の野菜になります。
ダイコンの旬は11月〜2月で、
天日干しもこのシーズンに行います。
天日干しをすることで、中の水分を飛ばし、
味が凝縮されるそうです。

京都府八幡市にある円福寺でも、
ダイコンの天日干しが行われました。
そして、この寺ではイチョウの木の上に
ダイコンを吊るして天日干しを行います。
高さ15メートルの樹に登り、数本ごとに連ねたダイコンを吊るし、
1ヶ月の間、京都の冷たい雨風に晒します。
およそ2000本ものダイコンが吊るされたそうです。
このダイコンたちは沢庵になり、
4月と10月に行われる「万人講」の精進料理として出される予定です。

思い返せば、中坊進二は割と沢庵を食べています。
スーパーで買うことはあまりありませんが、
外食や弁当の付け合せとして沢庵を食べる機会が多い気がします。
蛍光イエローカラーに染められた沢庵から、
茶色く渋く染まったものまで、数々の沢庵を中坊進二は食べてきました。
京都の漬物専門店にも中坊進二はよく行きます。

そこでは、長芋の漬物をよく買っていますが時々、
大根の胡麻和えも買っています。
ただ、それは量が多く、
一度開封したら直ぐに食べきらないといけないのが難点で、
それが中々手を出しにくい要因になっています。
中坊進二としては、値段は高くても良いので、
小分けにして販売して欲しいと、常々思っています。

皆さんも京都にいらした際は、京風の漬物はいかがでしょうか。